r8169 を使っている場合のサスペンドからのレジューム

r8169 はrealtek のネットワークインターフェースのLinux kernel ドライバ名です。

このr8169の問題は、サスペンドした後にレジュームしてもネットワークが復帰しないことです。チップの問題なのか、カーネルドライバの問題なのか、私にはよく分かりません。

レジューム後のネットワーク復帰の解決法は、moduleをunloadして、再度loadすることです。手動でやるには

modprobe -r r8169
modprobe  r8169

です。

毎回、これを入力するのは面倒(モバイル環境の場合など)な時は、pm (Power Management)の設定ファイルを作成します。 /etc/pm/sleep.d/に 50_r8169 というファイル(ファイル名は適当です)を作成して

#!/bin/sh

case "$1" in
    hibernate|suspend)
        ;;
    thaw|resume)
        modprobe -r r8169
        modprobe r8169
        ;;
    *)
        echo "Warning: incorrect option. It should be 'suspend', 'hibernate', 'thaw', or 'resume'. "
        ;;
esac

という内容を入れます(実行属性も忘れずに)。私の環境では、これで上手く行くようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください