ハンバーグのレシピ

ハンバーグを作るときは、いつもFoodieのこの記事を参考にしています。

【シェフ直伝】基本のハンバーグレシピ、プロのワザで肉汁ジュワ〜! | 三越伊勢丹の食メディア | FOODIE(フーディー)

残念なのが、レシピの材料が3個分になっていることです。

我が家は4人家族なので自分のために4個分に読み替えたものをメモとして残しておきます。

材料

 数量(3個分)数量(4個分)
玉ねぎ1/41/4
挽肉500g670g
牛乳大さじ 6大さじ 8
パン粉大さじ 8大さじ 10
溶き卵11
小さじ 1小さじ 1.3

手順

挽肉を練る

ここで、かなりしっかり練るのが一番大事。しっかり練らないと生地がすぐにバラけてしまう。

しっかり練ると、外側が硬めに焼き上がる。肉汁も流れ出ることがない。この辺りの硬さは好みで調整すれば良いと思う。

上記のFoodieリンク先だと、冷やした肉を練ると書いてありますが、あまり気にしなくても出来ています。 肉の種類とかに依存するのかも知れません。

塩・こしょう・ナツメグを加える

玉ねぎ・パン粉(牛乳に浸しておく)・溶き卵を加えて練る

この時点で練りをたくさんやっても、肉だけの時の練りが足りないと、なかなか固くなりにく印象がある。

成型

焼く

たぶん焼きが二番目に重要。トータルで16~20分ほどかけて焼く。

  1. 中火で3分(ハンバーグ周囲が色が付くまで)
  2. ひっくり返して3分焼く(中火)
  3. 弱火で蓋をして5分蒸し焼き
  4. 蓋をしたまま5分蒸らし(余熱で火を通す)

ハンバーグ・ソース

こちらはステーキ宮風のたれ。Coocpadは当り外れがありますが、これは当りでした。

元ハンバーグ職人がステーキ宮のたれを再現 by しるびー1978

これだと多いので半分の量にしたものを。

 数量
玉ねぎ1/4個
にんにくチューブ(お好み)
醤油50cc
25cc

玉ねぎは、おろした後にレンジで軽く火を通す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください