ハリス副大統領の日本および韓国訪問に関するカースティン アレン報道官の声明

「ハリス副大統領の日本および韓国訪問に関するカースティン アレン報道官の声明」 の翻訳です。

9月25日から29日まで、カマラ・ハリス副大統領は日本の東京と韓国のソウルを訪問します。副大統領は、バイデン大統領に代わり、安倍晋三元首相の葬儀への大統領代表団を率いて東京に向かいます。副大統領の訪問は、安倍首相の遺志を称え、日米同盟を擁護し、自由で開かれたインド太平洋を推進する上での同首相のリーダーシップの重要性を強調するものです。その他の訪問団メンバーについては、後日発表されます。

東京とソウルの両都市で、副大統領は政府高官や市民社会の代表者と会談し、米国と日本、韓国との同盟関係の強さ、自由で開かれたインド太平洋への不変のコミットメント、この地域と世界における経済・安全保障上の共通の利益について強調する予定です。

日本国内で「国葬反対」している方々は自分の周囲数メートルの範囲にしか関心がないでしょうが、世界の人は安倍晋三元首相の業績をこのように見ているのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください