ディスプレイを新しくした: I-ODATA EX-LD2381DB

ディスプレイを新しくしました。これでようやく1920×1080の環境になりました。

デュアルにするとさすがに画面が広い。rdpでWindowsにつないで3820×1080ぶち抜きのデスクトップは結構新鮮。無駄に広い。

ブログを書く時は、ブラウザのウィンドウを二つ開くことが多いので、これくらい広いとストレスがずいぶん減る気がします。

今までの環境

今までは10年くらいIiyamaの1680×1050と1280×1024の大きさの異なる二つのディスプレイの組み合わせでした。

ディスプレイのサイズが違うと、ウインドウの移動で少しイライラするのですよね。勝手にウインドウサイズが変更されたりします。

今回はI-O DATA

10年も壊れなかったIiyamaが良かったのですが、いつの間にかIiyamaは消滅していました。(マウスコンピューターに吸収されていた。)

ということで、今回はI-Oデータから選びました。

Amazonのレビューではボタン・スピーカーの音・色合いが云々されているようですが、自分としては問題を感じていません。 値段も安いので壊れてもイラつきは少なそうです。

使ってみると、色合いが以前のIiyamaよりもずっと良いです。後は耐久性がどのくらいあるか。これは使ってみないと分かりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください