チャットであぶり出さされる品格

Teamsのチャットはうまく使える人と使えない人の差が出やすいと思います。

最近チャットでやたら「クソ」を連発されて辟易している相手がいます。 仕事の相手なので我慢もしかたない部分はありますが、無意味に汚ない言葉を連発するのもね…といつも思います。

ここいらで愚痴を含めてチャットがうまく使えない例を整理しておこうかなと思います。

電話かなにかと勘違い系

「◯◯さん」と書いたところで待っている人は割と多いです。

いつでもPCの前に居ることを期待しないでほしいものです。トイレやお茶を淹れにいっていたりとかね。

それに集中して仕事している場合もあるので、チャットにすぐに応答することを期待するのもやめて欲しい。

そもそもリアルタイムに相手が居なくても要件はチャットに書けます。 「仕事がデキない系」の人なんだなと思わざるをえません。

「クソ」を連発する系

チャットで汚ない言葉を連発されると、それだけでタイムラインが汚れる気はします。

こういう気遣いが足りないひとはなるべく絡みたくないと思います。

意図しなければ副詞として「クソ」は使わないほうが良いです。 語彙が少ない言語能力が低い人と思われるか、人格的にかなり未熟と思われるか、ポジティブには思われません。

ぶっきらぼう系

チャットは気楽に送信できるため短い文言で送りがちです。

なので、メールよりもぶっきらぼうな書き方になりやすいと感じます。 実際、かなりぶっきらぼうに思える書き方を見かけます。

ぼくなんかか「この人なんだか怖い」としか思えません。 実際お話すると、そうでもなかったりしますので、ぶっきらぼうな書き方は損なだけです。

チャットであっても(メールでも)なるべく丁寧に省略せずに書くことを心掛けるほうが良いことは間違いありません。

タイプが追い付かないとかいう問題に関しては、キーボードをタイプしやすいものを使うことや、IMEで登録を増やす、など工夫のしかたはある程度あります。

まあ、たいていはそんなに急いで返事しなくても良いことが多いと思いますよ。

言い回しの工夫

どんな時でも言い回しを工夫するくせをつけるのはコミュニケーション能力に磨きをかけていくうえではかなり重要です。

ぼくはたまに、こんな本を眺めながら言い方のバリエーションを増やそうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください