ジム・ホール / ジャズ・ギター

ぼくは学生の頃によく聴きました。ジム・ホールの最初のリーダー作。

アルバムとしてはスタンダードが中心で、軽やかな演奏です。こういうところも後年のスタイルと違うかな。

ジム・ホールとしては開発途上の時期なんでしょうかね。 かなりフツーな当時のジャズ・ギターという感じに聞こえます。 後のジム・ホールらしい部分はほとんど分かりません。 リズミックなアプローチを発展させるところがらしい、といえばらしい。

これが1957年で、ビル・エヴァンズとの”Undercurrent”が1962年ということで、このアルバムの数年後にはスタイルが確立していくんですね。 そういう風に聴くと発見がありそう。

ドラムレスでベース・ピアノとのトリオ構成はタル・ファーロウと比べると違いがあって面白いですね。 タル・ファーロウはもっと骨っぽい、力で押す感じですが、ジム・ホールはより知的な感じはします。 そういう部分が発展していくのは納得できる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください