ブルームバーグの記事: 世界が安倍晋三について誤解していたこと

ブルームバーグの記事を機械翻訳を駆使して訳してみました。

主に外交・安全保障面での業績についての見方です。

世界が安倍晋三について誤解していたこと

安倍首相が政権を担っている間は、謂われなき不信感にさいなまれることが多かった。しかし、安倍首相が目指したのは、日本を「普通の国」にすることだった。

Gearoid Reidy

2022年7月13日 7:00 JST

日本の元リーダー、安倍晋三は常に評価が二極化した人物であった。しかし、2012年に政権に復帰した際に生じた亀裂は、安倍首相殺害事件で世界が悲しみに包まれる中、ほとんど脇に追いやられてしまった。

当時、オバマ政権時代の国務省の日本専門家は、6年前に1期目の首相を務めた安倍首相が再び首相になったことについて、「一片のプラス面を見出すには顕微鏡が必要だ」と述べていた。当時の国務長官ジョン・ケリーは、アジアにおける最大の問題は、より攻撃的な隣国ではなく、日本であると名指しした1 。

そして、それらは的外れからもほど遠いものだった。エコノミスト』誌は安倍内閣を「危険なほどナショナリスティック」だと評し、『ニューヨーク・タイムズ』紙は安倍首相の「ナショナリズム幻想」が米国に難題をもたらすと懸念している。安倍首相が金曜日に暗殺された後、このような議論が再び流行している。ある論者は、安倍首相を「争いの種となったアーチ・コンサバティブ」と呼び、別の論者は「複雑な遺産」を残した最近の歴史の中で「最も争いの種となった指導者」と呼んだ。

安倍首相に対する懐疑的な見方は、過去の遺物であるべきだ。安倍首相が望んだのは、日本を普通の国にすること、つまり、国民の9割以上が生まれる前に起きた出来事の遺産に縛られない国にすることだけだった。安倍首相が目指したのは、好戦的な隣国3国に囲まれた敵対的な世界で自立できる国であり、時に気まぐれな同盟国である米国に自国の安全を全面的に依存する国ではない。

日本の再軍国主義化について悩むことは、2006年に安倍首相が就任した当初は意味があったかもしれない。しかし、2022年、それは完全に場違いである。安倍首相は平和主義的な日本国憲法の改正を夢見ていたが、その後の出来事を見れば、それがいかに必要であるかがわかる。北朝鮮は通常の核兵器だけでなく水爆も保有し、ロシアはクリミアを併合し、ウクライナに侵攻し、中国は香港の基本的自由を消滅させようとし、その仮面を剥いでしまったのである。

これらの国々を最も近い隣国とする日本が、より積極的な姿勢をとる必要がないというのは、あまり意味のない主張である。アジア太平洋地域における法の支配を維持するための体制を推し進めたのは安倍首相であり、他のほとんどの国が目の前にあるのはドル紙幣だけであったのに、成長する中国がもたらす脅威を認識したのも安倍首相であった。

彼は、日本の近隣諸国の多くが政治的に都合の良いように使っている戦時中の罪悪感の束縛を取り払おうとしたのである。しかし、彼はまた、ほとんどすべての国との関係を改善するために努力した。安倍首相は中国との関係修復に貢献した。2014年の習近平との会談は、伝説的に精彩を欠いた握手から始まったにもかかわらず、2018年の北京訪問につながった。covidに襲われるまで、彼はまだ2020年に習近平を迎える準備をしていた。

日本の表向きの同盟国である韓国との関係は、常に敏感であった。安倍首相は、日本の韓国統治時代に性的奴隷にされた女性や少女たちである「慰安婦」のひどい歴史に一線を引こうとし、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを意味する朴槿恵政権との合意に至ったのである。

日本の過去にとらわれない姿勢から「歴史修正主義者」と呼ばれることも多い故首相。彼の考えは、2015年の戦後70年談話に最もよく集約されていると思われるが、これは在任中に行ったいくつかの悔恨の声明の一つであった。

安倍首相は、日本が引き起こした「計り知れない損害と苦痛」に対して「永遠の哀悼の意」と「深い悔悟」を表明するとともに、「あの戦争とは無関係な我々の子供や孫、さらにその先の世代に、謝罪をする宿命を背負わせてはならない」と述べた。

安倍首相は、日本が前進し、他の多くの国々が当たり前のように持っている権利、つまり自国を守るための軍隊や、残忍で暴力的な過去にもかかわらず自らを誇りに思えるような国であることを望んでいたのだ。他の国であれば、彼は平均的な中道右派の政治家である可能性が高い。

しかし、その態度が変わりつつあるように思える。リベラル派のワシントンポスト紙が、憲法改正を目指す日本を支持し、米国にその動きを支持するよう求めているのは驚きであった。安倍首相の死後数日間は、アジア全域で安倍首相への支持が目立った。台湾はここ数十年で最高レベルの政府高官を葬儀に送り込んだ。インドでは喪に服すと宣言された。

安倍首相は意見を二分する傾向があったが、火曜日の雰囲気は、東京の永田町に詰めかけた大勢の人々が、火葬の前に最後のお別れをしようと、安倍首相の柩が日本の政治権力の中心を回っているときに、最もよく表していた。ある女性は元首相への感謝の言葉を繰り返し叫び、別の男性は元首相を守れなかったとして困惑した警察を激しく非難していた。

安倍首相が誕生して以来、世界の危険は増すばかりだ。今こそ、安倍首相のような、脅威を察知し、外交に長けた人物が必要なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください