Simulink のグラフを滑らかにする

Simulinkのscopeのグラフがガタガタしているのを滑らかにしたい時のやり方です。

How can I make the output graph of Simulink smoother?

やり方は二つあると書いてあります:

  • ソルバー の最大ステップサイズを小さくする

    これはシミュレーションのステップを細かくします。

  • リファイン・ファクターを大きくする

    「データのインポート/エクスポート」→ 「保存オプション」 → 「リファイン ファクター」 を1から4くらいまで大きくする。

    これはワークスペースに出力されるデータやスコープのグラフを滑らかにするようです。

    リファイン ファクター (MathWorks ヘルプセンター)

たとえば、こんなモデルでプロットしてみます。

すると、こんなガタガタしたプロットができる場合があります。 ここでは強調のため、ガタガタが目立つように故意に周期を調整してあります。

Solver の 最大ステップサイズを小さくしてみると、下のようになります。

一方、リファイン・ファクターを4くらいにしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください