SimulinkのXY Graphのxlabel, ylabelの設定

SimulinkのXY Graphでは Xlabel, ylabelのプロパティがシミュレーション実行前に設定できません。

なので実行後にスクリプトを実行するように StopFcn コールバックにこれらの設定を書くことが出来ます。

StopFcnはモデル エクスプローラーのモデル プロパティ、コールバック タブにあります。

タイトルとxlabel, ylabelを設定するだけなら、以下のようなスクリプトを書いておきます。

cv = get(0,'showhiddenhandles');
set(0,'showhiddenhandles','on');
title('my title');
ylabel("x text [x unit]")
xlabel("y text [y unit]")
set(0,'showhiddenhandles', cv);

参考にしたページ

X-Y Graph Block in Simulink (stackoverflow)

補足

StopFcnコールバックに書くと副作用もゼロではないので、少し注意が必要です。

上記のようなwork aroundの場合はあまり害はないと思いますが、一般的にはコード生成に対応しなかったり、エンバグしやすいなどという面もあります。念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください