Simscapeブロックソースコードの保護

個人的なメモを残しておきます。

Simscapeブロックはものによってはソースコードが参照できます。 例えば最近のバージョンだと「説明」タブからソースコードが参照できます。

この「参照」をさせたくない場合はどうするか、についてのメモです。

この答えは 「ssc_protect コマンドを用いる」です。

手順は以下の通りです:

sscソースファイルの保護

たとえば、このspring.sscをspring_mod.sscとしておきます。

その後

ssc_protect spring_mod

を実行します。そうするとspring_mod.sscpが生成されます。 sscpは中身は難読化されています。(もしかすると解読は可能かも知れませんが…。)

Simscapeブロックの生成

あとはssc_buildを用います。

通常と違うのはライブラリフォルダ内にはsscではなく保護されたsscpファイルを置いておく点です。

たとえば、+my_customフォルダを作り上で保護したspring_mod.sscpをコピーしておきます。 このフォルダにカレンドディレクトリを移動したら通常通り

ssc_build

を実行します。 (あるいは+my_customフォルダと同じ階層で ssc_build my_customを実行します)

これでmy_custom_lib.slxが生成されます。その中にspring_modブロックがあります。

このブロックパラメーターの「説明」タブを確認すると「ソースコード」へのリンクはありません。 こんな感じでSimscapeブロックのソースコードが保護されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください