MATLAB/Simulink のプロジェクト管理

フォルダ構成は好きなように配置できますが、一つの例としては次のようなものがあります:
(ProjectRoot)
dataモデルで使うデータファイル
・パラメタ
documents要件ファイル
.slreq (Simulink requirement)ファイル
そのほかdoc, pptx, xlsxなど
librariesSimulink ライブラリなど
modelsSimulink(Simscape)モデル
work.mexw64などの一時ファイル

Pjに登録しないファイル・フォルダ

プロジェクトに登録しないファイル・フォルダは slprjフォルダ .mexw64 ファイル

workフォルダの設定

キャッシュファイルなどを生成するフォルダをworkに指定しておくと良いです。 (こうしないと、キャッシュがmodelフォルダなどに散らかる。) [Simulink プロジェクト]→ [詳細]

コメントを残す

このブログのコメント欄は掲示板ではありません。自分語りがしたい方はご自分のサイトでお願いします。

コメントはサイト管理者の承認制です。コメントの内容によっては必ずしも承認されませんが、それでも良ければコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください