MATLAB: Robust Control Toolboxの歴史

ロバスト制御を勉強していて、MATLABのRobust Control Toolboxの歴史が興味深かったのでまとめてみました。

元ネタは平田光男先生の”実践ロバスト制御”です。似た内容は大分大学の松尾先生の講義資料でも見かけました。

イベント 
1988年R. Y. ChiangとM. G. SafonovによるRobust Control ToolboxH∞制御器を求める関数がメイン
1993年ごろBalasらによるµ-Analysis and Synthesis Toolboxμ制御器も設計可能になった。
sysicなどの関数が用意された。
1994年ごろGahinetらによるLMI Control Toolbox標準H∞制御問題の仮定を満たさない問題でも制御器を設計可能に。
2004年ごろMATLAB Ver.7以降はRobust Control Toolboxにまとめられた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください