MATLABでデバッグするときのTips

MATLAB でmスクリプトをデバッグするときのTipsをまとめておきます。

折りにふれて追加していく予定です(多分)。

とりあえずオブジェクトを表示させる

tableオブジェクトだと全部表示させようとするので、注意。

disp(hoge)

tableの先頭の8行だけ表示させる

head(TABLE)

プログラムをゆっくり動作させる

5秒止める

pause(5)

定番のprintfデバッグ

fprintf("string is %s, double is %.3f, double is %.3e\n", hoge, foo, boo);

オブジェクト型を確認

class(hoge)

値の参照(値を確認する)

whos hoge

オブジェクトのプロパティを確認する

get(hoge)

オブジェクトのプロバティと変数の確認

HOGE.Properties
HOGE.Parameters

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください