MATLAB: 特定のプロットに対してだけlegend (凡例) をつける

MATLABでたくさんplotしたなかで、その一部だけにlegend (凡例)をつけたい時のやり方です。

要点は、凡例を入れたいグラフィクス・オブジェクトを指定する、ということです。

オブジェクト o1, o2にそれぞれ “legend1”, “legend2″を凡例として入れたいときは次のようにします:

legend([o1 o2] ,{"legend1", "legend2"})

下は四つプロットさせて、そのうちの二つだけに凡例をつける例です:

x = -pi:pi/20:pi;

figure(1)
clf(1)
hold on
p1 = plot(x, cos(x), ':');
p2 = plot(x, sin(x), '-');
p3 = plot(x, tan(x), '-.');
p4 = plot(x, exp(x), '-.');
hold off

xlim([-pi pi])
ylim([-2 2])
legend([p1 p2], {"cos(x)", "sin(x)"})
example of legend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください