筋子ごはん

30年ぶりくらいに筋子ごはんを食べました。(ただ筋子でご飯を食べただけです(笑)。)

東北の方々には当たり前かも知れませんが、やはり美味しいですね。

最近TVで見たのが、山形の冷凍倉庫の職場で昼食の味噌汁を作っている方のお弁当です。その方は自分のお弁当に筋子を入れていました。それを見たら、なんだか無性に筋子が食べたくなりました。近所のスーパーで売っていましたので、早速頂きました。

筋子は鮭や鱒の卵巣で、もっと成長した卵巣の筋を除くといくらになります。筋子はいくらよりも粒が小さいので、食感は違います。

私の両親は二人とも仙台出身で、浜松に住んでいた時も筋子・たらこが当たり前のように食卓に出たものです。私が筋子が、弟はたらこが大好物でした。けれども、それらの筋子・たらこは仙台の祖母が送ってくれたものでした。たいてい冬場に大きな筋子を小包で送ってきました(宅急便が一般的になる前でした)。当時の浜松のスーパーなどで筋子を見かけることはなかったと思います。

筋子を食べると、いつも祖母を思い出します。祖母はいろいろ難しいところはありましたが、孫の私逹のことをとても気にかけてくれたんだなと今更ながら思います。とても懐かしい味がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください