ビブリア古書堂の事件手帖(5) 三上延

ずるずると1ヶ月で5巻まで読破してしまいました…。するすると読めてしまうので、次から次へと欲しくなりますね。

伏線や展開が良く出来ていると思います。 この巻あたりからドラマ化されていない内容で、今回はブラック・ジャックのネタもあります。手塚治虫の裏話は興味深いですよ。

作者曰く、古書のネタ探しが大変で、あまり長いシリーズにならないらしいけど、細く長く続いて欲しいですね。(7巻で一応終わりらしいですね(涙))。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください