Aterm WG2600HSでハマる

はじめに

在宅勤務で手元にある会社PCに自分のLinuxからリモートデスクトップでつないでいるのですが、 最近キーボードやマウスの反応が鈍い。4月ごろはそんなことを感じなかったはずなのに。

Etherケーブル、ハブを交換してみたりしたけど改善しない。 ということでルーターを交換することにしました。

WR8600Nからの交換なので、楽勝!だとおもっていたのに、何度もハマりました。

Wi-Fi設定引越しがうまく行かない

WG2600HS ユーザーズマニュアルにあるWi-Fi設定引越しの通りにやったのに、接続できない。

これはたぶん、こちらの勘違い。実際、引っ越しされるのはネットワーク名(SSID)、暗号化モード、暗号化キーだけです。 てんぱって暗号化キーを間違えていたっぽい。

固定IPでホスト部は100以上でないと設定できないらしい

我が家は固定IPで運用しているので、今回もすべて固定IPに設定しようと。

しかしWR8600Nでは192.168.0.2から設定できたのに、WG2600HSでは192.168.10.2は設定できない。 (WG2600HSではネットワーク部が192.168.10なっている)

WG2600HSでは192.168.10.101から200の範囲で設定するようです。 散々失敗して、30分くらい潰れた…。

IPV4インターネット未接続になる

ルーターには接続できるのにIPv4接続状態がIPV4インターネット未接続のままになる。 これは、自宅のCATVモデムのせいでした。

取説に書いてあるとおりで、CATVモデムをリセットしたらめでたくIPv4インターネット利用可能になりました。 これは1時間以上かかった…。

おわりに

ネットではPPPOEで接続できない質問があるようですが、たいていはユーザーIDとパスワードを入れてない系のようです。 CATVでハマる例はあまり無いので、難儀しました。

ちなみに我が家ではWG2600HSを2台買って、1台を1階でローカルルーター、もう1台をコンバーターにして2階の中継機(子器)として使っています。 いまのところ好調ですし、スピードは向上しています。

リモートデスクトップの件はぼちぼち様子を見ていきます。

WG2600HS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください