鈴木良雄 / 人生が変わる55のジャズ名盤入門

「人生が変わる」かどうかは別として、入門としては良いガイドの一つでしょう。

なにを聴いたら良いか分からないと思ったら、ガイドに頼るのが一番楽です。 知り合いで詳しい人がいれば、その人に教えてもらうのでも良いですが、教えたがりは実は変な拘りを持っていたりして変態的な趣味を押し付けられる危険はあります。 なので、ジャズに限らず入門ガイドをいくつか参考にするのがおすすめです。

このガイドの場合はミュージシャン目線ということが特徴的。 55枚ということで、数もそれほど多くないので最初の一歩としても手軽さがある。 セレクションは少し古めのもの多い印象です。

ただ文章は「~なんです」という箇所が多くて、日本語としてはちょっと。 編集なり校閲なりでもう少し整えて欲しいものです。

55枚のうち、聴いたことがないのが30枚くらいあって、ぼくもまだまだです。 ボーカルやピアノ系はどうしても手薄になりますからね。 マイルスやコレトレーンは聴くのですが、トミフラのトリオとか後回しになってしまいます。

ぼくが学生の時は油井正一の本で少ない小遣いで何を聴くか決めてました。 こちらは、かなり網羅的で一冊あるとジャズの歴史の勉強にも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください