ノートPC 冷却ファンの自作

ここ毎日在宅勤務しているのですが、会社のノートPCで挙動がおかしい時があって温度を調べてみたら、70℃くらいで張り付いて下がらない状況でした。

常時そのような負荷をかけているわけではありません。でも少し不安なのでファンを作ってみました。

材料

材料は

  • 調理バット用の網 (600円くらい)
  • 金具 (4つで200円くらい)
  • ファン (1600円)
  • 木材 (手持ちの切れ端)

木材を除くと2500円以内でした。ファンが一番高いですが、冷却性能を考えると妥当でしょう。

ファンは12cmを2発。値段が手頃なので選びました。

出来上がり

こんな形で作ってみました。この上にPCを載せます。

ぼくの場合、会社PCはリモートデスクトップ経由で使っているため、高さの制約はありません。 ファンの吸気ができるように下側のスペースに2cmほどの余裕を持たせています。

ファンは黒の結束バンドで固定しています。ファンがちょうど収まってよかった!

網と木材は金具で固定です。金具はペンチで強引に曲げています。

冷却の効果

PCの温度は Open Hardware Monitor を使っています。

温度はだいたい10℃くらいは下がるようです。

ファンがoffのとき

こちらはファンを回す前。負荷をあまりかけてない状態で、50℃〜60℃といったところでした。

負荷をかけると70℃を越えてきます。

ファンをonしたとき

ファンを回すとグングン下がるようです。数分で40℃以下になりました。

負荷が高い時は温度がそれなりに上昇しますが、ファンが無い時よりは速く下がることを確認しています。

おわりに

出来合いのものが3000円程度でありますが、ファンが小さかったり、所望の場所に風が当たらなかったりするのが心配でした。

Amazonのレビューもピンキリだったので、いまひとつ購入する決心がつかず、結局自作してしまいました。作業時間は約2時間。

今使っているノートPCは温度が上がりやすいので、その辺のトラブルはあるようです。 たまに温度のモニターをするのは良いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください