ジョン・スコフィールド / ライブ

ジョンスコと言えば「アウトフレーズ」「コンディミ」というイメージが強かったですが、今どきはどういうイメージの人が多いんでしょうね。

実際コピーしてみると、アウトフレーズはあるにしても、オルタードやコードトーンをなぞるフレーズも多くて割とオーソドックスな印象を受けました。

このアルバムの”Softly as in a Morning Sunshine”は緊張感がたまらない名演です。 アウトがどうこうなんて御託が吹き飛ぶようなすごいソロです。一つひとつのフレーズが歌っていて心地よい。一緒に口ずさめる。 なんとなくサビ以外はアウトに聞こえるテンション高めな音使い、サビでインを意識してメリハリをつけているように聴こえます。

サウンドも荒々しく歪んで、演奏にマッチしています。コーラスがかかっていないですが、ぼくはこっちのサウンドの方が好きだな。

全体的に緊張感が高い演奏なので、通して聴くには割と身構えて聴くアルバムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください