カシオペア / LIVE

カシオペアの絶頂期のライブ。 Mint Jamsと比較してしまいがちですが、かなり脂が乗った時期というか、成長した姿を感じることができます。

ぼくの場合はMint Jamsより多く聞いたライブですね。当時はFMラジオのエアチェックでほぼ全曲を録音していました。 “Eyes of the Mind”は、このライブ・バージョンをコピーしていましたし、”Asayake”もイントロやソロはこれを真似してました。 “Looking Up”も真似してたと思います。そういう意味では、ぼくにとっての教科書的なアルバムでした。

Down Upbeat をリリースした直後くらいの時期で、この頃が絶頂期と思います。 テクニック的にも成熟感があります。そのぶんスリルというか緊張感は少ない気はします。 しかし、スピード感はめちゃめちゃあります。

そういえば、”Galactic Func”では、ギターのスラップを聞くことができます。 このライブ盤ではこうした野呂一生のエンターテイナーの一面を強く感じられます。 この辺りは日本のフュージョン・ギタリストの中でも抜きんでていますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください