ウェス・モンゴメリー / Solitude

1965年のウェスのフランスでのライブ盤。

1965年はリバーサイド・レーベルが倒産して、Verveに移ったころです。 Verve以降ではライブ盤以外は企画ものっぽいアルバムばかりなので、この時期のこういったストレート・アヘッドな演奏が聴けるのは貴重です。

メンバーは、ハロルド・メイバーン以外はあまり知られていないみたい。 一曲だけ(‘Round About Midnight)、ジョニー・グリフィンが参加しています。

演奏はWesが悪いはずもなく、”4 on 6″や”Mister Walker”なんかはノリノリで好きな演奏です。 ただ録音がモノラルなのが玉に瑕。

ぼくはレコードで持っていましたが、今ではCDで完全盤が入手できます。 そちらの方がおすすめです。曲数も多いし。

ぼくが持っているレコードでは、”The Girl Next Door” が ウェスのオリジナルの”For Django”(他のアルバムでもそんな曲は演奏していないっぽい)になっていたり、”To Wane”が “To When”になっていたりと、今では見かけない間違いがあります。 昔はわりと好い加減なところがあったみたいですね。

ライナー・ノーツでは”The Girl Next Door”については指摘がありましたが、指摘していない評論家の文章も載っています。 今読むと恥ずかしいかも。

“The Girl Next Door”は、聴けば分かりますが、ウェスが書く曲調とは違うので「スタンダードっぽい曲だよな」と思います。 まあ、知っているからそう言えるのかも知れませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください