xshodo で書き初め

お正月で書き初めと言えば xshodo と思ったのですが、Debian unstableではpackageではなくなっているようです。

探してみると、lennyではpackageになっていました。そこから xshodo_2.0-13.dsc , xshodo_2.0.orig.tar.gz , xshodo_2.0-13.diff.gz を頂いてきて、unstable上のpackageを作ってみました。

ファイルの展開

まずは上記の3つのファイルを同じディレクトリに置いた後

> dpkg-source -x xshodo_2.0-13.dsc

としてファイルを展開します。

構築環境の準備

そのままbuildしても環境が不十分な場合があります。展開されたディレクトリ(xshodo-2.0)に移るとdebianというディレクトリがあります。その中の control というファイル(テキスト)を見ると、

Build-Depends: debhelper (>> 3.0.0), libx11-dev, libxmu-dev, libxt-dev, xutils, libxaw7-dev

があります。これらをインストールします。ただし、xmkmf コマンドは xutils-dev パッケージに含まれていますので、こちらもインストールしておきます:

> sudo apt-get install debhelper libx11-dev libxmu-dev libxt-dev xutils xutils-dev libxaw7-dev

ちなみに、packageとしてapt lineで情報が取得できる場合は構築環境は

> sudo apt-get build-dep xshodo

のように可能ですが、xshodo はpackageとして登録されていませんので、この方法が使えません。

package のビルド

これで準備が整いましたので、早速 package を構築しています。先程展開されたディレクトリ xshodo-2.0 に移動して

> sudo dpkg-buildpackage -d -rfakeroot -us -uc

を実行します。これで私の環境では xshodo_2.0-13_amd64.deb が作成されました。amd64のところはマシンのアーキテクチャが入ります。

インストールは

> sudo dpkg -i xshodo_2.0-13_amd64.deb

で行います。

書き初め

undoがないので一発勝負です。この辺りは実際の書道と同じですね。

mu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください