Windows11 22H2 でWindows10ライクなタスクバー

新しいPCを組んだのPCの Windows UpdateでうっかりWindows11 バージョン22H2をインストールしたら、タスクバーが下になってしまいました。

よく「Windows11のタスクバー位置を変更するにはレジストリを編集する」とネットには書いてあるのですが、今回はレジストリを弄っても効かない! あわせてOpen Shell(メニューをWindows7以前ライクに変更する)も効かない!

こんな状況でExplorerPatcher を試したら、なんとかWindows10ライクな環境にできました。

Open Shellも使えます。

バージョン 2022H2はかなり大きい変更があるようですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください