その後のXEmacs

またPlanet Emacsen ネタです。What happened to XEmacs? というエントリーです。

(2022-11-02に追記: Planet Emacsenはofflineになり、代わりにPlane Emacslifeというサイトがスタートしたとのこと。PlanetEmacsen (Emacs Wiki)) ということで、上記のPlane Emacsenのリンクは削除しておきます。)

XEmacsというのはGNU EmacsからフォークしたEmacsの一種です。私は使っていませんでしたが、懐かしいので今どうなっているのか興味がありました。

上記のエントリーのコメントで分かったのは、XEmacsのレポジトリがBitbucketに移っていたことです。ただ、開発のアクティビティはよく分かりません…。今となっては敢えてXEmacsを使う理由が分からないですね。

さらにフォークとしてSXEmacs があることも分かりました。こちらもGNU Emacsとの違いは良く分からないです。こちらはほそぼそと活動しているようです。最初は2004年12月31日にアナウンスしていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください