2時間でわかる【図解】KPIマネジメント入門

2時間でわかる図解KPIマネジメント入門 を読んでみました。何のことか説明がないまま、最近会社でKPIというようになったのがきっかけです。

第1章はKPIマネジメントの基礎の説明、第2章はKPIマネジメント導入のポイントが説明されています。

KPIマネジメントの基礎

重要な語句としては

  • KPI: Key Performance Indicator (重要業績評価指標)
  • KGI: Key Goal Indicator (重要目標達成指標)
  • ROE: Return of Equity (投下資本利益率)
  • ROH: Return of Investment for Human (人件費投資効率): 健全経営の指標は200%以上
  • 限界利益=売上高-変動費額
  • 機会損失:
  • 人件費コスト=給与手当+交通費+法定福利費+賞与負担額+退職給与負担額+福利厚生費などの合計額 :1秒=1円
  • 適正人員=総人件費/平均人件費
  • 人件費=給与の1.2~1.5倍
  • 固定費=人件費+物件費
  • 直間比率

導入・運用のポイント

導入・運用で成功するポイントは4つ挙げられています:

  • トップダウンであること
  • 定量化されたものであること
  • 業績向上に連動するものであること
  • 毎月フォローアップを確実にすること

KPIテーマの設定例

第3章には設計部門のテーマ設定例があって参考になります。引用すると

  • ミッション
    • 設計工数遵守: ◯%以上
    • 設計による製造原価コストダウン: ◯円以上
    • 設計ミスによる後工程に与える損失工数: ◯H以内/年
    • 設計ミスによるクレーム件数: ◯件以下
    • 図面あたりコスト: ◯円以下/年
    • VE・VA実施件数: ◯件以上/年
    • VE・VA実施によるコストダウン金額: ◯円以上/年
  • ルーティン
    • リピート品の原価低減: ◯%以上
    • デザインレビュー実施率: ◯%以上
    • 出図納期遵守率(対計画): ◯%以上/全物件
    • 積算ミス: ◯件以内/年
    • 営業支援時間: ◯H以上/月別
    • 営業同行回数: ◯回以上/月別
    • 5Sパトロール実施件数: ◯件以上/年
    • 5Sパトロール評価点: ◯%以上/月
    • CAD・プログラミング研修の実施: ◯回以上/半年
    • 部門予算達成率: ◯%以上

ほかにも営業や品証など部門のテーマ設定例がありますので、参考になると思います。

おわりに

2時間で読めることは読めますが、正直言うと一回ではなかなか頭に入りません。

特に経営上の用語は慣れないと覚えられません。ただ会社幹部が気にしているポイントが共有できるようになると、マネジメントへの考え方が変わると思います。 マネジメントの基本を学ぶきっかけにするには良い本だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください