ACL (access control list) とは?

今さら気づいたのが、

ls -l

してパーミッションの最後に”+”が付いている場合があることです。

これはACL(access control list)が設定されていますよ、という意味でした。

ACLについてはこちらの説明が分かりやすかったです。

細かなアクセス制御の方法(ACLの使い方)大阪大学核物理研究センター

特定のユーザーだけにアクセス権を付与したり、webサーバーでのコンテンツのアクセス権管理など、chmodだけでは制御できない細やかな制御を実現するしくみと理解しました。

以下は自分のためのメモとして書いています:

ACLの確認

getfacl hoge.txt

ACLが設定されていると、ls -lで表示される通常のパーミッションコードとは意味が異なることに注意。

ACLの付加

setfacl -m u:username:rw hoge.txt

ACLの削除

一つだけ消去の場合

setfacl -x u:username:r hoge.txt

全部削除する場合

setfacl -X hoge.txt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください