波よ聞いてくれ

「波よ聞いてくれ」は架空の北海道のFM局のパーソナリティが主人公の漫画です。

フリーステーション1.2.0でも書きましたが、ぼくは小学生のころからラジオ派です(最近は朝しか聞いてないですが…)。 なので、ラジオ局が舞台というのはとても興味深い。

もともとアニメから入ったのですが(2020年4月~6月に放送)、原作も面白いのでおすすめです。

常識破りな主人公の語りや独り言の突き抜け感、的確すぎるつっこみ、予想できない展開が魅力です。 周囲を固める登場人物もひと癖ふた癖あって、とてもよく考えられていると思います。

月刊誌に連載中ということで、単行本の発刊ペースが若干遅めですが、今回も無事に9巻がでました。そして良いところで終わっている!次が待ち遠しい!

話はそれますが、J-Waveが開局したころはFM局は「喋りよりは曲を流す」的な雰囲気が(一部のFM局には)ありました。 喋りはAMで、というのは今も変わりませんけどね。 それが今ではFM局でもたいてい喋り中心で、時代の流れを感じます。 曲だけ聞きたければ、ストリーミング局かYouTubeを使うのが今の時代のスタイルということか。

J-WaveではCMもシャレオツ(死語)なものだった記憶ですが、ここFM AICHIやZIP-FMのCMは地元製造業系のイケてない宣伝が多くて閉口します。 とくにト◯タ系の会社の宣伝は各社昔のAMラジオのノリでとても嫌いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください