ルーター (Aterm WG2600HS) が死んだ…

Aterm WG2600HSでハマるで交換して1年の経過していないので、Atermが頻繁に落ちるようになりました。

親機の問題なのか中継器の問題なのか、切り分けはしていません。 客との会議中に落ちるので、悠長なことを考えていられず交換です。修理もできると思いますが、1ヶ月とかかかる場合もありそうで、待っていられません。

近くのEDIONで探して結局WG2600HSの後継のWG2600HS2。(裏にリセットボタンが付いたみたい。)

(AmazonだとWG2600HS2のページがないので下は楽天のお店のリンクです。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PA-WG2600HS2 NEC 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルータ
価格:7670円(税込、送料別) (2021/6/6時点)


Atermの一覧を見てもWX3600HPはオーバースペックかな、と日和って決めました(店頭でも値段が倍するし…)。

交換作業など

交換後の調子は良いです。特につまづく部分はなくスムーズに環境を移行できました。DHCPサーバー機能を無効にして固定IPにするのは前回と同様です。 (DHCPクライアント機能を無効にしようとしたのは内緒。)

無線のクライアント側ではルーターへのパスワードを変更すれば基本的にOK。iOS系は固定アドレス(手動設定)にするときはDNSも手動で設定する必要があるようです。

動作モードとLED

通常の動作時のLEDの点灯状態をメモしておきます。

今回のルーターの壊れ方

今回の不調は、ネット会議中に急に使えなくなる症状でした。

その後に親機のリセット、中継器のフルリセット(設定クリア)も試しましたが、復帰はしても会議中に落ちるのが2日間で3回発生して、もうダメだと判断しました。

中継器が死んでも、親機のAtermクイック設定は生きているので、中継器の問題とも思えました。 そこで持っていたW1200EX(中継専用器)を併用していたのですが両方落ちるので、親機からのリンクが切れるのかなと思っています。調べる時間も惜しいのでこれ以上は調べていません。 (この週は会社PCのSSDが不調で、毎晩遅くまで調べていて気力がなかったのも理由の一つです。)

交換後に感じたのは、回線のスピードも落ちていたようです。 たまに回線のスピードも計測しておくのが良さそうです。

定期的にルーターを再起動すると良いようなことを書いてあるページもありますが、どうなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください