トライバル・テック / Spears

「スコット・ヘンダーソンの」というべきなのか、「トライバル・テックの」というべきなのか、ファースト・アルバムです。 サックスも入ってバリエーションも豊かで、トンガリ系なのに全般的に聴きやすい。お気に入りの一枚です。

スティール・ドラムのサウンドもあったりして、少しほのぼの。 そういう部分からも、ウェザー・レポートの影響が強い気がします。

ギターはアンサンブル重視な感じもなくはない。 なので若干地味にも聴こえますが、弾くときは弾きますね。 実際、結構ゴリゴリ弾いてますから楽しめます。

エフェクト多めのクリーン・トーンのフレーズも多いです。ギター・シンセかも知れません。 こういうサウンドは後のトライバル・テックではあまり聴かれないですね。

“Spears”はブルージー。 もろブルース・アルバムをいくつか出した後の今となっては、ああなるほどとなりますが、こういうちょっとオシャレなブルースも良いです。

CDの入手は少し難しいみたいですね。レコードだとたまに見つかるかもです。ぼくはレコードを探しました。 ちょっと通好みしそうで、あまり売れなったんだろうな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください