エンジニアを卒業!

エンジニアを卒業です。

2ヶ月ちょっと休職して、開発業務ではないところで復職することになりました。

正直、迷いはありました。余生を送るような感じがしたからです。 でも、あまり開発の業務に愛着がなかったということでしょうかね。今はサバサバというか、さっぱりした感じです。

研究職を長くやっていた者としては、開発業務のマネージャーというのは技術職という感じよりは、交通整理と妥協と調整と締切り管理という感じで。少なくとも今の職場では自分の存在意義を感じることができないかな、と。 技術的なチャレンジをあまり感じられないと、ぼくの場合は満足が得られないようです。

(今の職場は開発といっても、ありあわせの技術で製品にするのが主な業務です。新しい技術を検討するという機会はほとんどない。会社全体として、そういう雰囲気が希薄なんだよな…。)

自分の存在意義を感じることが出来ないと、日々消耗するだけになります。まあ、消耗せずに楽しみを見つけるやり方もあるはずですが、業務量が多くて余裕がないとそういうこともままなりません。

今後は部門の総務的な役割を果たしますが、その後は未定です。とりあえずグループメンバーも少なくなるので、気分的には非常に楽です。

とりあえず、予算管理をやります。データサイエンスが使えないかなーなんて妄想してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください