LaTeX で 化学式をタイプセット

mhchem packageを使うのがよさそうです。

数式モードで化学式をタイプセットする時の問題点

実際には、あまり深く考えずとも数式モードでタイプセットも一応できます。

私もそのように数式モードで化学式をタイプセットしてきましたが、mhchemのドキュメントによれば数式モードで化学式をタイプセットする場合の問題点を二つ挙げています:

  • 数式モードでは、アルファベットはイタリックですが、化学式はアルファベットはアップライトにしなくてはなりません。数式モード中で書体を都度切り替える手間がかかります。
  • 数式モードでは、上添字の有無で下添字の高さが変わってしまいます。

mhchemの特徴

以下はドキュメントからの抜粋です:

  • 環境に応じてフォントとサイズを自動調整 (本文中と数式内ではフォント・サイズを自動で適切に調整します)
  • より自然な記法
  • amount numberの簡便な記法
  • タイプセット時の微調整

mhchemの使い方

プリアンブルに以下を書きます:

\usepackage[version=3]{mhchem}
基本的な例
 \ce{H+}  
$\ce{H+}$
 \ce{H2_{(aq)}}
 
$\ce{H2_{(aq)}}$
 \ce{H2O}
 
$\ce{H2O}$
 \ce{(NH4)2S}
 
$\ce{(NH4)2S}$
\ce{H2SO4}
$\ce{H2SO4}$
 \ce{CrO4^2-}
 
$\ce{CrO4^2-}$

さらに使いこなすには

矢印の記法、結合やアイソトープの記法についてはドキュメントにあります。

CTANの mhchem ディレクトリのドキュメントを読みましょう。

リスクフレーズ セーフティフレーズ のpackageもあるようです(ただし英語表記)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください