X-Windowのセレクション (primary ←→ clipboard)

X-Window はいわゆるコピー(カット)・ペーストするときのバッファを2種類持っています。それは、PRIMARYとCLIPBOARDです。

どのバッファを使うかはアプリケーション毎に違っているのが問題です。X-Window, Emacs, アプリケーション毎の違いについては X Window System のコピー&ペースト環境を統一する (GARIN.JP)が詳しいです。

daemonを動かすほどではない場合、PRIMARYとCLIPBOARDに格納されている内容を同じにするのは、PRIMARY→CLIPBOARDの時は

xclip -o -selection PRIMARY | xclip -i -selection CLIPBOARD

CLIPBOARD→PRIMARYの時は

xclip -o -selection CLIPBOARD | xclip -i -selection PRIMARY

で出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください