るりま(Ruby Reference Manual)をローカルマシンにインストールするには

2017年9月18日

ローカルにるりま(Ruby Refence Manual)を置いておくために、静的なhtmlを生成する手順です。

Ruby リファレンスマニュアルをローカルで参照する に書いてあるままです。これは自分のメモとして。

bitclust-coreのインストール

sudo gem install bitclust-core

静的なhtmlの生成

下記では2.3のreferenceを生成しています。

bitclust -d ./db-2.3.0 init version=2.3.0 encoding=UTF-8
bitclust -d ./db-2.3.0 update --stdlibtree=src
mkdir -p ../../../html/function
bitclust -d ./db-2.3.0 statichtml -o ../../../html

Ruby リファレンスマニュアルをローカルで参照する にあるように、html/functionを作成しておかないとエラーが出ます。

Ruby 2.3るりま(静的html版)をここに置いておきます。

rurema-2.3.0.tar.bz2

Ruby

Posted by Gordius