radicale インストールメモ

radicale とは

radicaleは”The Radicale Project is a complete CalDAV (calendar) and CardDAV(contact) server solution.”とあります。calendarとaddressbookのサーバーです。

radicaleを使うメリットとしては、複数のPCで予定を共有したい時などが考えられます。企業内部の予定表として、外部のサービス、例えばGoogle Calendarなど、を利用したくない場合にもよい解決法の一つでしょう。

ここではradicaleをThunderbirdで使う(lightening)時のメモを記します。

LinuxのようなUnix-likeな環境でのみ使えるようです。

インストール

インストールはDebianの場合は

# apt-get install radicale

です。

インストール後の設定

/etc/default/radicale の編集

/etc/default/radicale を編集します。

# Uncomment to start radicale on system startup
ENABLE_RADICALE=yes
/etc/radicale/config の編集

/etc/radicale/config を編集します。

	[acl]
	# Access method
	# Value: None | htpasswd | LDAP | PAM | courier
	type = htpasswd

	# Usernames used for public collections, separated by a comma
	#public_users = public
	# Usernames used for private collections, separated by a comma
	private_users = hiroo

	# Htpasswd filename
	htpasswd_filename = /etc/radicale/users
	# Htpasswd encryption method
	# Value: plain | sha1 | crypt
	htpasswd_encryption = crypt
パスワードの設定

/etc/radicale/users を作成(htpasswd)します。

# htpasswd -d -c users me

meはユーザー名です。

thunderbird(lightening)のカレンダーからアクセスする

新しいカレンダーを作ります。「ネットワークのサーバーに保存する」を選び、フォーマットはCalDAV、場所は

http://localhost:5232/me/hoge/

とします。meはアカウント名(上記のパスワード設定の時と同じ)、hogeはカレンダー名を新しく指定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください