HDDにランダムなデータを書き込む

shredコマンドを使う

ハードディスクの中身にランダムデータで書き込みたい場合は、GNU のshredコマンドで簡単に消去できます:

# shred -n 3 -v /dev/sda

上のコマンドの意味は、「/dev/sdaに対してランダムな書き込みを3回繰り返す(-n 3)、進捗状況を表示する(-v)」。

上の回数を指定しないと25回書き込みます!

-z を指定すると、最後に0を書き込みます。

dd と /dev/urandom を使う

shred以外にも dd を使う方法もあります:

# dd if=/dev/urandom of=/dev/sda
( Linux(UNIX)標準コマンドによるデータ抹消 によれば、
/dev/random

十分なビット数のランダムデータがない場合、デバイスドライバやその他の源からの環境ノイズが蓄積されるまで、乱数の生成を行わない。

/dev/urandom

十分なビット数のランダムデータがない場合、現在保持している値の、暗号学的に強いハッシュ値を返す。つまりいつでも乱数を読み込める。

# dd if=/dev/urandom of=/dev/fd0

の代わりに

# dd if=/dev/random of=/dev/fd0

とした場合、後者ではランダムデータが不十分であれば乱数の生成が停止するため、一定の速度で上書きができない可能性がある。 
とあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください