読んだ本

「パラグラフ・ライティングの7つのポイント」を紹介します。これは倉島保美著“書く技術・伝える技術”を元にしています。

パラグラフ・ライティングとは

パラグラフ・ライティングは、パラグラフで論 ...

読んだ本

絶望を感じてしまう人におすすめです。落ち込んで、そこから這い上がる時に助けになるのが読書であると、著者は言います。ただ、今絶望を感じている人が、この本を受け付けるかは、よく分かりませんね。今後絶望を感

読んだ本

スーザン・ケイン著「内向型人間のすごい力」を読みました。

ラノベの「やはりおれの青春ラブコメはまちがっている。」では「ぼっち最強」(とは言ってないか…)ですが、その裏付け理論があった!

…てのは冗談ですが、何を ...

読んだ本

竹内薫著「理系バカと文系バカ」(PHP新書)を紹介します。ちなみに著者はサイエンス・ライターですが、科学史・科学哲学と物理学の両方の学科を出た理学博士でもあります。

私は電気電子工学科を出て、今は技術系な仕事に就

読んだ本

森毅の「魔術から数学へ (講談社学術文庫)」を紹介します。森毅は高校の時に特別講義で来てくれて、それ以来ちょいちょい著作を読んでいる。
高校生の頃はエッセイの中身はよく分からないことがあったけど、これはとても分かりやすい。分か ...

読んだ本

江川卓(元野球選手とは別人です。こちらは『えがわ・たく』)著の「謎解き『罪と罰』」 を久しぶりに読みました。前回読んだのは30歳ちょい過ぎだったかな。一回処分して、また買い直しました。昔よりもスラスラ入ってくるのは当たり前なのか、歳食 ...

読んだ本

5月11日はファインマンの誕生日。「ご冗談でしょう、ファインマンさん」「困ります、ファインマンさん」は有名ですが、
「聞かせてよ、ファインマンさん」(写真右)もお薦めです。7章の「科学とは何か」は教師向けの講演ながら、親の役割 ...

読んだ本

2011年2月刊。

将棋棋士の羽生善治さんのエッセイです。私は将棋の世界には詳しくないのですが、トップクラスがひしめく「羽生世代」
と呼ばれる世代の代表的な存在であること、タイトル

読んだ本

2009年12月刊。

2006年から2008年までサッカー日本代表監督を務めたオシム氏の言葉を、代表監督の通訳であった千田氏の視点からまとめた本です。以前に出ている「オシムの言葉」とは別の

読んだ本

戦略の原点

posted with amazlet at 17.09.09清水 勝彦
日経BP社
売り上げランキング: 1,257Amazon.co.jpで詳細を見る

清水勝彦著「戦略の原点」 を読んでみ